Sticky Posts

肌が白くなる方法として中学生にお勧めのこと

今は美白の時代ですから、中学生になってくると、

色が黒いことに悩むお子さんも出てくるでしょう。

では、中学生にお勧めの肌が白くなる方法には、
どんなことがあるのでしょうか?

中学生になってくると、肌が白くなる方法は、もう
大人とほとんど同じです。

10代でも中学生になってくると、親が面倒見てあげなくても、
だいたい、自分でケアすることができるようになって
くるでしょう。

■中学生が取り組める肌が白くなる方法

中学生になってくると、自分のルックスを気にする
子供も多くなるので、自分のお肌のことも、ある程度は
ケアできるようになってきます。

では、実際、中学生にお勧めの肌が白くなる方法に
ついてご紹介しましょう。

①牛乳パック

牛乳パックは、肌が白くなる方法の中で、中学生に
最もお勧めの方法になります。

牛乳に同量の小麦粉を混ぜ合せます。そこに、レモン汁を
少量混ぜます。

それを、顔全体に塗り、約10分パックしたら、後は
ぬるま湯で洗い流して終了です。

洗い流した後の肌は、モチモチしたさわり心地になって、
ふっくら白いお肌になります。

牛乳パックは、中学生の多くを悩ませるニキビにも
効果的なので、ぜひ試してみましょう。

とても簡単にできる肌が白くなる方法なので、中学生にも
お勧めです。

②小麦粉パック

小麦粉大匙2杯に対し、水を少し加えます。水の量については、
顔に塗っても垂れてこないくらいの固さになるまで、
調節して加えます。

顔全体に塗り、10分くらいして固まってきたら、ぬるま湯で
洗い流して終了です(口元・目元は避けて下さい)。

小麦粉が固まってきて、肌に密着して、水ですすぎにくい
のですが、ゴシゴシ擦らず、優しく洗い流すことがポイントです。

洗い流した後は、化粧水や乳液など、普段通りのスキンケア
を行うだけで、中学生でも簡単にできると思います。

③ヨーグルトパック

ヨーグルトにはプレーンヨーグルトを使用します。

ヨーグルト大匙1杯に、小麦粉を大匙1杯くらい加えて、
顔に塗っても垂れない固さにします。

それを、顔全体に塗り広げて、5~10分パックして、
ぬるま湯で洗い流して終了です。

ヨーグルトパックもやり方は簡単なので、一度覚えてしまえば、
手軽にできる肌が白くなる方法だと思います。

以上3つのパックをご紹介しましたが、中学生でもできる
肌が白くなる方法は意外とたくさんありますよね。

しかもどれも身近な食材を使った簡単な方法なので、
本気で肌が白くなりたいと考えている中学生なら、
自分でケアできるかと思います。